いつでも換金の申し込みができます!

流動性があるかどうかを知っておく

銀行の定期預金は、一定期間お金を預ける商品です。定期なので、預ける前に期間を決めておきます。長くなればなるほど金利も高くなります。基本的には、期間中の引き出しはできず、解約すると高い金利が得られなくなります。商品によっては、中途解約で大きく元本が減るタイプのものもあります。
定期預金よりも利回りが良いとして注目を浴びているのがファンドです。株式や債券、不動産などに投資をする商品で、元本保証はありません。商品ごとに特徴があり、元本割れすることがほとんどないものから、大きく資産価値を上げるものまであります。気になる換金性、流動性ですが、いつでも換金できる商品がほとんどです。ですから、お金が必要になったときに、引き出すことが出来ます。

用途に応じて商品を選ぶ

教育資金、老後資金の場合、準備を始めようとしたときはすぐには使いません。10年や20年以上先の話と言えるでしょう。一方で、生活費や自動車の購入費用など比較的近い将来に使うお金もあります。この時はすぐにお金の準備をしなければいけません。
ファンドには、商品によって換金性が異なります。最も換金性が高いものだと、即日換金可能なものがあります。あまり利回りなどは良くありませんが、銀行預金より少しお得と言えます。通常のタイプは、換金申し込みをすると数日後に所定の口座に振り込んでくれるタイプでしょう。1週間ぐらい余裕をもって申し込んでおけば問題ありません。クローズドと呼ばれるファンドは、一定期間の引き出しができません。一定期間を過ぎると、いつでもできます。

© Copyright Financial Planners. All Rights Reserved.