制限は設けていません!

国籍制限なしで利用可能!大きな節税効果を得られるNISA

2014年から始まった非課税制度がNISAです。通常の証券口座における利益(売買差益や配当金など)には20%もの税金を課せられてしまうのですが、NISA口座において生じた利益は完全無課税なんですよ。たとえば、50万円の利益が確定した場合、NISA口座だと10万円もの税金を浮かせられるというわけです。
NISA口座開設にあたって面倒な制限はほとんど設けられていません。日本在住の20歳以上であれば、人種を問わず誰でも有資格者です。
日本に住んでいる成人なら誰でも利用できるNISAですが、投資できる額や期間には制限があるので要注意。投資額の条件は年間120万円で、一度利用した枠は再利用できません。NISA口座で100万円の株式を購入して売却しても、残り20万円の枠に変化はないわけです。期間は最長5年間ですから、毎年120万円の枠を使い切り長期保有をすれば最大600万円まで総額を増やせられます。つまりNISAは、デイトレには全く向いておらず、長期保有に適した制度だと言えるでしょう。

NISAのメリットと注意点を知ろう

NISAの最大にして唯一のメリットは、投資によって生じた利益が完全非課税になることです。非課税となる金額に一切上限はありません。たとえば1000万円以上の莫大な利益が出ても、1円も税金を支払う必要がないというわけです。非課税期間である5年が過ぎても、売却義務は一切ありません。年間120万円を上限にNISA口座に持ち越したり、そのまま通常の口座に移すことができます。
抜群の節税効果を持つNISAですが、通常の口座と損益を共有できないので気を付けましょう。たとえば、普通口座で購入した株の利益とNISA口座で購入した株の損失がトータルでゼロだとしても損益通算ができず、売却益には20%の税金が課せられてしまうというわけです。また、NISA口座で購入した株は信用取引における担保として使うことができません。いずれにしても、NISA制度は巨額の投資金を持たない一般人にとってはメリットしかありませんから、少しでも気になる人は制度が終わる前に口座開設だけでも済ませておくと有意義です。

© Copyright Financial Planners. All Rights Reserved.