手数料はかかりません!

ファンドラップの仕組みを知ろう

富裕層向けのラップ口座を一般人でも利用しやすい内容に改良した金融商品がラップファンドです。ラップ口座を開設するためには最低でも数千万円のお金が必要でした。しかしラップファンドは最低300万円から利用可能であり、一般人でも利用できます。
ラップファンドは、利用者にかわって投資の専門家が複数のファンドを運用する仕組みを持ちます。複数のファンドは、利用者のリスク許容度によって決定されます。たとえば利用者が安全志向なら、リスクの少ないファンドが選ばれ、危険を承知で利得を目指すタイプならハイリスクハイリターンなファンドが選ばれるわけです。また、ラップファンドにおけるファンドの組み合わせは、市況により再構築されます。このように多様なサービスをトータルで包み込んでいるのがラップファンドです。

一般的な手数料がかからないラップファンド

ラップファンドの特徴は、運用に際して投資のプロによるアドバイスなどの様々なサポートを受けられることです。利用者本人すらはっきりと自覚できないリスク許容度すら、ヒアリング調査により判明されます。ファップファンドは専門家に丸投げするタイプの金融商品であるため、当然相応のコストが発生しますが、いわゆる手数料は発生しません。ラップファンドにおけるコストは、信託報酬と呼ばれています。
その信託報酬の割合は、金融機関によりますが平均2%程度。このコストを支払うことを許容できるかどうかが、ラップファンドを利用するかどうかの決め手となるわけです。従来の投資信託は、ファンド選びからポートフォリオ再構築に至る全てを自分自身で行わなければなりませんが、ラップファンドにおいてはその全てを投資のプロに任せられます。その事実と信託報酬額を天秤にかけ、利用の是非を決めましょう。

© Copyright Financial Planners. All Rights Reserved.